糖尿病 シナモン

このエントリーをはてなブックマークに追加   

糖尿病にシナモン?血糖値を下げるというのは本当?

管理人の関西人ぐりこです。
今日はシナモンが糖尿病にもたらす効果について書いてみたいなと思います。

 

結論から言いますと、シナモン、かなり使えますよ〜!
これね、最近になって、血糖値下げる働きがあるって注目されてるんですよ。
他にも色々と薬効があるそうで、わたし的には救世主みたいなスパイスですわ!

 

値段もそんなに高くないし、すごいおすすめかもです!
ただし注意点が2点ほどあるので、そこだけ気をつけて欲しいです。

 

それではシナモンについて調べたことを書いていきますね〜!

 

(その1)シナモンって何やねん?

 

これですよ。シナモンって何やねん。何から出来てるねん。
これご存知でした?

 

私知らんかったんですけど、シナモンって何と!元は木です。
樹木から出来てるんですって。

 

それの樹皮をはいで作られるのがシナモンやという事です。
クスノキ科の常緑樹の植物らしいですけどね〜。

 

原材料になる木は大きく2種類に分かれてまして、
「セイロンシナモン」と「カシア」というのになるそうな。

 

どっちもシナモンとして香辛料にされるんやけど、セイロンシナモンのほうが
高級品らしいんですよ。
香りもこっちのほうがええよって書いてました。

 

あとね、シナモンにはちょっとやっかいな成分が含まれてて
「クマリン」という物質があるらしいんやけどね、
それ、摂り過ぎたら肝障害起こすらしいねんよ!

 

さっきセイロンシナモンとカシアがあるよって書いたんやけど、
特にカシアのほうに、よりたくさんのクマリンが入ってるらしいねんね。

 

せやから買うんやったら、セイロンシナモンって書いてある方を買う方が
いいんとちゃうかな〜と思います。

 

ただし専門店やないとどっちか書いてない事が多いらしいから、
その辺はよく注意して、買うお店選んで欲しいですね。
ネットやったらわりと専門店探すの簡単かもしれへんね。

 

(その2)シナモンってどんな薬効があるんかな?

 

管理人ぐりこが狂喜乱舞したシナモンの薬効について書いていきますね〜。
すごいよ。びっくりしますよ。

 

ざっと書き出してみます。

 

消化促進作用、抗菌作用、発汗作用、健胃作用、血行改善、
毛細血管の保護血糖値や中性脂肪、コレステロールを下げる
しみ、しわ、たるみの改善

 

・・・すごくない?

 

糖尿病忘れて「すっげえ!!!」ってわたくし、ぐりこが狂乱したのは、
この「しみ、しわ、たるみの改善」やったんですね。

 

シナモンで調べてる時、どっちかっていうと糖尿病改善というより
美容関係のブログとかでめっちゃヒットしたんですよ。
この「しみ、しわ、たるみ」の改善ですよ。

 

どういう理屈なんやろと思ったら、しみ、しわ、たるみって毛細血管が
減少するのが原因のひとつらしいねんね。
でもこれがシナモンの毛細血管を保護する働きで改善していくらしいのよ。

 

40過ぎたらびっくりするほどしみが出来るからね〜。
改善するんやったら本気でシナモン摂取するわ、と思いましたね。

 

それと、糖尿病の合併症って毛細血管がやられていって
腎臓がダメになったり、目がダメになったりしていくでしょ?

 

そしたらシナモンの毛細血管保護してくれる作用っていうのは
美容のみならず、目や腎臓の毛細血管を守るためにもいいのかもしれへんね。

 

中性脂肪を下げる効果もあるらしいから、肥満解消にも一役かってくれそうやし。
個人的に肩こりがえげつないので、血行促進作用で肩こり改善に効果があるって
いうのも嬉しいな〜と思います。

 

 

(その3)一日シナモンどれくらい摂ったらええの?

 

さっき(その1)で、シナモンにはやばい物質が含まれてて摂りすぎ注意って
書きましたよね?

 

そうなんですよ。
1日の摂取量には気をつかなあかんのですよ。

 

さきほどのクマリンも肝機能障害引き起こすから危ないんやけど、
シナモンの主成分のシンナミックアルデヒドっていう成分には発ガン性があるそうよ

 

効き目ありそうやからってガバガバ食べてたらめっちゃ危険なことになるので、
一日の摂取量は守って欲しいねんね。

 

この辺のことはドイツの研究所(ドイツ連邦リスクアセスメント研究所)が
1日これくらいにしとけよっていうボーダーラインを載せてくれてます。

 

体重1kg当り0.1ミリグラムまではOK

 

との事です。

 

体重50キロの人やったら、50×0.1で1日5mgまでってことやね。

 

100キロの人やったら10mgまでいけるんやろか。
どうなんでしょうね。

 

いける最大限より少なめを目指したほうがいいような気がする・・・

 

何といっても、いまだに漢方薬とかでも使われてるらしいから。
薬の副作用みたいな感じで考えなあかんと思いますね。
サプリメントとはいえシナモンは。

 

あと、1日5mgを一気に飲むのか、分けて飲むのか、どっちがええねんって
いう事に関してなんですが・・・

 

私は1日3回、食後に飲む派です。

 

シナモンはインスリンの感受性をよくするらしいんで、
これはやっぱり食事時に一緒に飲むのがいいんとちゃうかな?
メトグルコみたいな飲み方でいいんちゃうかな?と思います。

 

あとね〜
やっぱり、長期飲まないと効き目わからへんみたいよ。
3ヶ月から半年くらい様子みながら続けたほうがいいみたい。

 

私は朝ごはんによくパンを食べるんやけど、
そのパンにシナモンふりかけてみたり、一緒に飲むコーヒーに
シナモン入れてみたりしてる。

 

サプリメントで飲むときは、1カプセルにけっこうな量が入ってるから
気をつけんとすぐに1日の許容量越してまうから、注意してますね。

 

(その4)シナモンの副作用は?

 

上の方で先走って書いてしまったんですけど(^^;)

 

・クマリン→肝機能やられる

 

・シンナミックアルデヒド→発ガン性物質 妊婦さん要注意!赤子に影響あり

 

こんな感じかな。

 

普通にお菓子に入ってるシナモン食べるくらいやったら心配なし。
さっきの1日許容量守ってたら心配なし。

 

ただし!妊婦さんはシナモンやめた方がええと思うよ。
少量でも赤ちゃんへの影響力ははかりしれんので、心配しないためにも
シナモンは妊娠中は止めときましょ。

 

 

ぐりこの独り言

 

シナモンってお菓子のスパイス、くらいの認識しかなかったから
調べてるときすごい興奮しましたね。
こんなすごいんやシナモン!っていう感じで。

 

糖尿病になれへんかったら、こんな事調べてなかったと思うから
ある意味病気になってひとつ賢くなって良かったんかもしれんなと
思いましたね。

 

あとシナモンってね、洋菓子の印象が強いから、最近入ってきた
スパイスなんかな?と思ってたんですけど、実は奈良時代にはすでに
日本に入ってきてたらしいですね。

 

漢方薬みたいな使われ方やったそうですがね。

 

昔から日本人はシナモンにお世話になってたんやな〜と思うと
何か不思議な気持ちになりますねえ。

 

糖尿病の知識

検査について

投薬について

食事について

その他

運動療法

改善するには

病気のとき(シックデイ)

合併症について

血糖測定器

症状

境界型とは